ソフトバンク孫社長「利益の1兆円超えは通過点」│企業信用調査、取引先状況の把握や与信管理による業務効率化、帝国経済興信所の新着情報

Teikoku Keizai Koshinjyo 帝国経済興信所

新着情報

2017/05/10

ソフトバンク孫社長「利益の1兆円超えは通過点」

ソフトバンクグループが10日発表した2017年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前の期比3倍の1兆4263億円と、初めて1兆円の大台を超えた。好調な国内の通信事業に加え、米携帯子会社スプリントの採算が改善した。中国・アリババ集団とフィンランド・スーパーセルの株式売却益も寄与した。同日記者会見した孫正義社長は「利益の1兆円超えは通過点」と述べた。

前のページ前のページ

次のページ次のページ

一覧へ戻る一覧へ戻る