所有かシェアか、「無人運転」が迫る未来【時代を読み取る帝国経済興信所】│企業信用調査、取引先状況の把握や与信管理による業務効率化、帝国経済興信所の新着情報

Teikoku Keizai Koshinjyo 帝国経済興信所

新着情報

2017/03/08

所有かシェアか、「無人運転」が迫る未来【時代を読み取る帝国経済興信所】

政府は成長戦略をつくる未来投資会議(議長・安倍晋三首相)で、2020年に達成すべき自動運転に関する2つの実用化目標を掲げた。高速道でのトラックの無人隊列走行と、無人運転車による移動サービスの実現だ。政府が作成した資料に多数並ぶ「無人」の文字は、20年を完全自動運転の普及元年としたい強い意向の現れといえる。政府の動きは運転手ありきの立場を崩さない自動車メーカーを揺さぶる。

帝国経済興信所 情報管理部 担当 前原

前のページ前のページ

次のページ次のページ

一覧へ戻る一覧へ戻る