[FT]ロシア、しぼむ対米関係改善の期待【時代を読み取る帝国経済興信所】│企業信用調査、取引先状況の把握や与信管理による業務効率化、帝国経済興信所の新着情報

Teikoku Keizai Koshinjyo 帝国経済興信所

新着情報

2017/02/15

[FT]ロシア、しぼむ対米関係改善の期待【時代を読み取る帝国経済興信所】

ロシアの米大統領選への介入は大成功したかに見えたが、歯車は逆転している。米大統領選に関するロシア政府のハッキングは、ロシアが肩入れする候補のホワイトハウス入りを助けたかもしれない──たとえドナルド・トランプ氏が、ロシア政府の期待した「シベリア人候補」(親ロシア派)ではなかったとしても。だが、駐米ロシア大使と不適切で違法性も疑われるやり取りをしたマイケル・フリン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が辞任したことで、ロシアのプーチン大統領との関係のリセット、あるいは「グランドバーゲン」(大取引)の可能性は薄れている。

前のページ前のページ

次のページ次のページ

一覧へ戻る一覧へ戻る