島津製作所、医療分野の新研究拠点 本社工場に│企業信用調査、取引先状況の把握や与信管理による業務効率化、帝国経済興信所の新着情報

Teikoku Keizai Koshinjyo 帝国経済興信所

新着情報

2017/01/18

島津製作所、医療分野の新研究拠点 本社工場に

島津製作所は11日、本社三条工場(京都市)に医療分野の新たな研究開発拠点「ヘルスケアR&Dセンター(仮称)」を設けると発表した。がんの早期診断など先端医療分野を新事業として育成する方針。2018年1月に着工し、19年1月に完成する予定だ。延べ床面積は1万9300平方メートルで、投資額は93億円。

 同社は患者から採取した血液などを分析することで、がんが大きくなる前に早期発見できる「分子診断」と呼ぶ事業を育成している。早期診断の関連機器の売上高を19年度に16年度比8割増の110億円にする方針だ。

前のページ前のページ

次のページ次のページ

一覧へ戻る一覧へ戻る