首相、GPIF「必要な年金積立金を下回るリスク少なくなった」│企業信用調査、取引先状況の把握や与信管理による業務効率化、帝国経済興信所の新着情報

Teikoku Keizai Koshinjyo 帝国経済興信所

新着情報

2016/01/12

首相、GPIF「必要な年金積立金を下回るリスク少なくなった」

安倍晋三首相は12日午後の衆院予算委員会で、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の年金運用を巡り、GPIFの資産構成の見直しによって「年金財政上、必要な年金積立金を下回るリスクは少なくなった」と述べた。GPIFは2014年10月に国内外の株式を5割に高めると発表。リスク性資産の割合を高め、従前の国債に偏っていた資産構成を見直すとしていた。
安倍首相は仮に現行の資産構成でリーマン・ショックを含む2004年度~13年度を運用したと仮定すると「各年度の収益の振れ幅は大きくなるものの、名目運用利回りは4.3%と従前の資産構成より高い収益率が得られる」と数字を挙げて説明。年金運用は長期視点で考えるのが基本とした上で「デフレから脱却しつつある中では、新たに導入した資産構成で運用していくのが望ましい」との見方を示した。

前のページ前のページ

次のページ次のページ

一覧へ戻る一覧へ戻る