賃上げ、3年目は小幅 一斉回答 ベア水準低く│企業信用調査、取引先状況の把握や与信管理による業務効率化、帝国経済興信所の新着情報

Teikoku Keizai Koshinjyo 帝国経済興信所

新着情報

2016/03/16

賃上げ、3年目は小幅 一斉回答 ベア水準低く

2016年春の労使交渉は16日、自動車や電機など主要企業がベースアップ(ベア)に相当する賃金改善や一時金を組合側に一斉回答する。トヨタ自動車や日立製作所など主要メーカーが3年連続でベアを実施する。ただ企業収益の先行きは不透明感が強く、大手の水準は軒並み昨年を下回る。非正規社員の待遇など格差是正に向けた取り組みは進むものの、低水準の賃上げは内需を喚起して経済を上向かせる循環に水を差しかねない。

前のページ前のページ

次のページ次のページ

一覧へ戻る一覧へ戻る