トヨタ、円高で17年3月期44%減益 世界販売1%増│企業信用調査、取引先状況の把握や与信管理による業務効率化、帝国経済興信所の新着情報

Teikoku Keizai Koshinjyo 帝国経済興信所

新着情報

2016/10/12

トヨタ、円高で17年3月期44%減益 世界販売1%増

トヨタ自動車は4日、2017年3月期の連結業績予想を下方修正し、本業のもうけを示す営業利益が前期比44%減の1兆6000億円になりそうだと発表した。円相場の前提を1ドル=102円(前期実績は120円)と円高方向に見直し、従来予想より1千億円減る。それでも世界販売台数は前期比1%増えるなど競争力はなお強く、将来の成長に向けた研究開発に1兆円を投じる。

前のページ前のページ

次のページ次のページ

一覧へ戻る一覧へ戻る